FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定時総会の報告



5月20日、一般社団法人南港囲碁クラブの定時総会が
 クラブ内で午後12時30分より開催されました。

image-2_201406010227532a8.jpg

 
会員59名の内出席者29名、委任状18名で総会の成立が確認され、平成25年度事業報告、収支報告に続き、平成26年度事業計画、収支予算案等が承認されました。
 
岡田理事から会員増強計画が示されたあと、新しい来客者への対応を巡り、予定時間を過ぎて活発な意見が交わされました。
 
最後に席亭として長年の功労者である、嶋村勝次氏、小林茂雄氏に感謝状が贈られ閉会となりました。

image-3_20140601022754a0a.jpg

image_201406010227551e1.jpg 


<記事内の画像は全てクリックで拡大表示できます>


<下の「続きを読む」クリックで阿部理事長による総会の言葉が表示されます>


総会の言葉

会長として1年目を終り、その反省を込めて報告をさせて頂きます。まず、大きい事業としては増床の件が挙げられます。
この場所から追い出されそうになっていた時期から考えますと夢の様な話ですが、エスペランサさんや周囲が我々の頑張っているのを評価して存在を認めて頂いた成果だと思います。
増床の成果は徐々に上がってきていると思います。会員の数も、常に55人を超えてきていますし、少しづつですが、60名に近くなってきています。
多くの会員が年金暮らしで、平均年齢も年々上がってきてはいますが、会員が増加気味というのは喜ぶべき現象と思います。又、増床により利用方法がいろいろ考えられるようになりました。
午前中のサロン開放は6月から計画しています。緑地区の老人福祉センターで行ってきた囲碁活動が終息する事になり、受け皿的場所を提供しようと考えています。

次に1年を通じて行ってきたトーナメント戦でありますが、採算を度外視した春季囲碁フエスタは、この大会の集大成であり、毎月行ってきたトーナメント戦は会員の不足を補う意味において十分な増収となってきた事です。
1回の開催で15名の会員増加分の効果を上げていると思います。
今季から囲碁フエスタを年2回行う事を計画していますが、囲碁フエスタは利益面より南港囲碁クラブの存在感や宣伝効果に期待をする事になろうかと思います。
今後共、毎月行うトーナメント戦が財政面で柱になる事は明らかであり、皆さんの協力が強く求められます。

教室の開催はAゾーンで行い、成果を上げてきました。
昨年行ったコスモ地区の教室は試験的に終りましたが、今度は「あべのハルカス」で月1回の開催を試験的に始めています。この場所での教室開催は経済的な寄与が約束されたものではなく、宣伝効果を第一に考えています。
利用料は2千5百円と少額ですし「あべのハルカス」で囲碁教室開催をおおいに宣伝に使わせて貰おうと考えています。
2年目を迎えて役員一同、頑張って行こうと決意している所です。            

阿部一彦
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南港囲碁クラブ

Author:南港囲碁クラブ
日本棋院 支部
南港囲碁クラブ
について


大阪住之江区南港に位置する南港囲碁クラブは大阪随一の格安料金(月会費1500円或いは1日会費500円改定)で楽しめます。
又、海岸沿いのATC ビル11階にあり、窓からは客船サンフラワー号の航海ぶりが見渡せます。
月曜日を除く、午後1時より5時迄の営業です。
只今メンバーは60数名、初級者から7段格迄おります。
水曜日は級位者教室を開講、リーグ戦、月例大会などのイベントを開催、明るく楽しい囲碁サロンです。
アクセス:
地下鉄・ニュートラム利用の場合:「 トレードセンター前駅」下車直結

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。